Excel-VBA 条件付き書式

Office2010
条件付き書式の削除(全部)
Cells.FormatConditions.Delete

選択範囲に設定
とかワークシートに設定とか…
グラデーションとかいらにゃい

条件付き書式も扱いが面倒になった気がする。

新規 FormatConditions.Add(Type, Operator, Formula1, Formula2)
変更 FormatConditions(1) .Modify ※ (1)はインデックス
削除 .Delete
新規作成時に必須はType

名前

説明

xlAboveAverageCondition

12

平均以上の条件

xlBlanksCondition

10

空白の条件

xlCellValue

1

セルの値

xlColorScale

3

カラースケール

xlDatabar

4

データバー

xlErrorsCondition

16

エラー条件

xlExpression

2

演算

XlIconSet

6

アイコンセット

xlNoBlanksCondition

13

空白の条件なし

xlNoErrorsCondition

17

エラー条件なし

xlTextString

9

テキスト文字列

xlTimePeriod

11

期間

xlTop10

5

上位の10の値

xlUniqueValues

8

一意の値

E1:E10に設定。
With Worksheets(1).Range("e1:e10").FormatConditions.Add(xlCellValue, xlGreater, "=$a$1")
With .Borders
.LineStyle = xlContinuous
.Weight = xlThin
.ColorIndex = 6
End With
With .Font
.Bold = True
.ColorIndex = 3
End With
End With

変更
Worksheets(1).Range("e1:e10").FormatConditions(1) .Modify xlCellValue, xlLess, "=$a$1"

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック