Excel-関数_CELL

便利なのに忘れがち関数メモ

よく使うので忘れないだろう関数if、Vlookup、date、day、today、subtotal、sumif、weekday、
あーピボット使うといらないのもあるか、、、
最初の頃、習ったのは、SUM、Average、MAX、MIN、IF、とかだったっけ?
まぁFx ボタンか Helpで検索すればいいし。

で、VBA使ってシート操作していると行とか列とか書式とか一括で操作。
で、その値を取得するのに、VBAで
ActiveCell.RowHeight
ActiveCell.ColumnWidth
とか、
CurrentRegion.Cells.Addressで班にとって、loopしてあタイトルとかいろいろか、、、
ただ、シート使って関数入れたらすぐとれるからこっちのほうが早かったり?

=CELL(種類、範囲)  でセルの情報を取得。

VBA使わずワークシート上でのこと。
書式
=cell("format",A1)
CELL 関数の書式には、次の引数 (引数: アクション、イベント、メソッド、プロパティ、関数、またはプロシージャに必要な情報を提供する値のことです。)。
検査の種類  必須。返されるセル情報の種類を指定する文字列値。検査の種類として指定できる値とその結果を以下に示します。
対象範囲  省略可能。情報が必要なセル。この引数を省略した場合、最後に変更されたセルについて、検査の種類引数に指定した情報が返されます。対象範囲がセル範囲の場合、その範囲の左上隅のセルに関する情報だけが返されます。
検査の種類 戻り値
"address" 対象範囲の左上隅にあるセルの参照を表す文字列。
"col" 対象範囲の左上隅にあるセルの列番号。
"color" 負の数を色で表す書式がセルに設定されている場合は 1。それ以外の場合は 0 (ゼロ)。
"contents" 対象範囲の左上隅にあるセルの値 (数式ではない)。
"filename" 対象範囲を含むファイルのフル パス名 (文字列)。対象範囲を含むワークシートが保存されていなかった場合は、空白文字列 ("")。
"format" セルの表示形式に対応する文字列定数。各種の表示形式に対応する文字列定数については、次の表を参照してください。セルが負数に対応する色で書式設定されている場合、文字列定数の末尾に "-" が付きます。正数またはすべての値をかっこで囲む書式がセルに設定されている場合、結果の文字列定数の末尾に "()" が付きます。
"parentheses" 正の値またはすべての値をかっこで囲む書式がセルに設定されている場合は 1。それ以外の場合は 0。
"prefix" セルの "文字位置" に対応する文字列定数。セルが左詰めの文字列を含むときは単一引用符 (')、右詰めの文字列を含むときは二重引用符 (")、中央揃えの文字列を含むときはキャレット (^)、両揃えの文字列を含むときは円記号 (\)、また、セルにそれ以外のデータが入力されているときは空白文字列 ("") になります。
"protect" セルがロックされていない場合は 0、ロックされている場合は 1。
"row" 対象範囲の左上隅にあるセルの行番号。
"type" セルに含まれるデータのタイプに対応する文字列定数。セルが空白の場合は "b" (Blank の頭文字)、セルに文字列定数が入力されている場合は "l" (Label の頭文字)、その他の値が入力されている場合は "v" (Value の頭文字) になります。
"width" 小数点以下を切り捨てた整数のセル幅。セル幅の単位は、既定のフォント サイズの 1 文字の幅と等しくなります。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック