Microsoft Office2007~ リボン作成 VBA途中

VBAでメニューを自動作成していたら、リボンメニューになってから面倒な事に、、、、
せっかくクリックとか選択を減らすために作ったのに。。。
まったくのエラーでVBA役立たず状態にならなかったのは良かったんだけどな。
やっぱり、GUI?UI?おもてに出ているメニューなどが絡むことは、仕様が変わるとめんどーだ。

:::メモ:::
まずVBAで、ファイルオープン時にワークシートメニューバーに追加されるように作成した
操作用メニュー(作成してあるマクロ・VBAを登録したメニュー)は
リボンのアドインに読み込まれていた。
--------------------------
ThisWorkbook で
Workbook_Open()に Application.CommandBars("Worksheet Menu Bar").Controls
操作で追加していたもの
--------------------------
ファイルを開き、コンテンツを有効化すると、リボンの”アドイン”に入っていた。

::::::::::::::::::
使ってみると、リボンのアドインクリック→作成メニュー名クリック→作成したVBAを選べる。。。
で、なんか違うという感じ。。。慣れなのか?ユーザーを機械にあわせるのか?
キーショートカットの登録を増やすか?(それも対応キーがすぐわからないと意味がない)
ので、以前の操作性に近くするには、リボンを作るしかなさそう。。。
幸い、あちこちで方法を書いてくれてるみたいだし。

リボンはXMLだそうだ。 そしてUTF-8。なんかいままでSHIFT-JISじゃないと変な事になる事もあった
MicrosoftExcelの日本語・・・ わたしが、知らない、勉強不足なだけだろうが、、、
そうきたか…


拡張子xlsm(マクロ有効Excelファイル)でファイルを作成、拡張子に.zip追加して、zipとして中身を開いて構成を確認して、_relsフォルダのxmlファイルをいじくるみたい。

resが圧縮でかためてあって中身は、xmlと買って、firefox・Thunderbirdの拡張作成するのとかと似てるな~。
なんとかなるかな?ちょっと面倒になってきた。

アイコンを番号指定してたのが一応そのまま使えるのは使えるかも

フォルダを作る。
リボン設定フォルダ名
CustomUI
ファイル名
CustomUI.xml
なら、

xmlの内容






ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック