Excel-vba 範囲取得 いろいろ(Select End)

Select End


キーボードのENDキーをつかうのと似てて使いやすいかも。

Selection.End(xlDown).Select
使用例
次の使用例は、セル B4 を含む領域の列 B の上端セルを選択します。
Range("B4").End(xlUp).Select

次の使用例は、セル B4 を含む領域の行 4 の右端のセルを選択します。
Range("B4").End(xlToRight).Select

Function EndselectD()
'アクティブセルから下に選択するだけ
Dim rng
rng = ActiveCell.Address(0, 0)
Range(rng, Range(rng).End(xlDown)).Select
End Function

Function EndRangeD()
'最終行(下)のアドレスだけ取得
'なんとなくaddress false にして、$はずした。
Dim rng
rng = ActiveCell.End(xlDown).Address(0, 0)
MsgBox rng
End Function

Function EndRangeL()
' 左の最終列 番号を取得
Dim Lcol
Lcol = ActiveCell.End(xlToLeft).Column
MsgBox Lcol
End Function

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック