Excel-vba 範囲取得 いろいろ(UsedRange)

UsedRange



Sub AutoFitSpreadsheet()
Dim rngUsedRange
' 使用中のワークシートで使用されている範囲を変数に設定します。
Set rngUsedRange = Spreadsheet1.ActiveSheet.UsedRange
' 行の高さを自動的に調整します。
rngUsedRange.AutoFitRows
' 列の幅を自動的に調整します。
rngUsedRange.AutoFitColumns
End Sub

Sub PrintArea()
Dim A_Cell
A_Cell = Sheet1.UsedRange.Address '最後のセルのアドレスを取得
If A_Cell = "$A$1" Then
If IsEmpty(Sheet1.Range(A_Cell).Value) Then
MsgBox "印刷するデータはありません。"
Exit Sub
End If
End If
End sub

Sub For_Each_Next_Sample()
' ループ処理目的セルの値が設定値以下なら背景を黄色にする(選択セルから下を)
'
Dim Ue, Sita, n As Integer
Dim ans, Retu

'選択範囲の取得
Ue = ActiveCell.Row
Sita = Ue + ActiveSheet.UsedRange.Rows.count
Retu = ActiveCell.Column

ans = Application.InputBox("チェックするの最大数値を入力。", "色付けの値選択", 120, Type:=2)

MsgBox Range(Cells(Ue, Retu), Cells(Sita, Retu)).Address
For Each cell_in_loop In Range(Cells(Ue, Retu), Cells(Sita, Retu)) '範囲
If cell_in_loop.Value > ans Then
With cell_in_loop.Offset(0, 0).Interior
.colorindex = 6
.Pattern = xlSolid
End With
End If
Next

End Sub

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック